毎年猛暑が続く日本の夏…現場作業の方は、熱中症の対策が何よりの課題ですよね。こまめな休憩、塩分補給の呼びかけ、そして作業着をより涼しく、というニーズによって生まれたのが空調服です。最近では、夏の間、現場作業の方が空調服を着ている姿を目にすることも珍しくなくなりました。そんな空調服を、よりオシャレに、カッコよく着こなしたい!という方のために、今回はヘリンボン生地の空調服をご紹介します!参考元:空調服 ... ユニフォームタウン

そもそも空調服って?本当に涼しいの?

空調服とは、左右1箇所ずつファンを取り付け、バッテリーでファンを回すことで空気を送り込むことができる作業服のことです。長袖ブルゾンタイプがスタンダードですが、フード付きや、フルハーネス対応型、つなぎ、半袖丈など様々な種類が展開されています。

勤務中の会社内や工場内の作業、屋外での作業だけでなく、ご家庭での作業、アウトドアやレジャーなど、多様な場面で使用され、活躍の場を広げています。そんな空調服の肝心の涼しさですが、多くの使用経験者がその涼しさを実感しています。

原理としては、ファンから取り込まれた外部の空気が、体と服の間を上に向かって流れ、再び襟や袖の間から外へ排出されます。このとき流れる空気が、汗を気化し、蒸発させることで体の表面を冷やしてくれるんですね。この原理のおかげで、炎天下の中、体を動かす作業をしていても、汗が纏わりつくような不快感や暑さから解放され、快適に過ごすことができます。

空調服の正しいサイズ選びと、着こなし方

空調服は、ファンを回して外部から空気を取り込み、服を膨らませるという製品の特徴上、体にフィットしすぎると、膨らみが弱く、期待される効果が得られない場合があります。

そのため、いつもの自分のサイズより、1サイズから2サイズ大きめのものを選ぶことをオススメします。また、より空気を取り込みやすくさせるためにも、空調服の下に着るものは、大きなサイズや、かさばる素材は避け、体にフィットした薄手のインナーを着るようにしましょう。

用途に合わせて素材を選ぼう

空調服の素材には、用途に合わせてポリエステルや綿といった材質と、その混紡率を選ぶことができます。それぞれメリット・デメリットがあるので、上手に選んでいきたいですよね。さっそく、今から確認してみましょう。

1.綿100%

メリット:肌触りが良く、着心地が良い、吸水性・吸湿性・通気性に優れている、火気に強い

デメリット:色落ちしやすく、洗濯によって縮みやすい、ポリエステルと比べて生地が厚い通気性が良いということで、空気漏れを心配してしまいますが、そこは各メーカーの対策によって、空調服用に高密度で編まれた生地を使用しているため、悪影響を及ぼすことはほぼないようです。

ポリエステルと比べて燃え広がりにくいことから、溶接作業・グラインダ作業の方には最適です。

2.ポリエステル100%

メリット:色落ちしにくい、シワが出にくい、綿100%と比べて安価、撥水性・通気性・UVカットなどの加工がしやすく高機能な商品が多い

デメリット:火気厳禁、特別な表記がない場合は吸水性・通気性は綿に比べて劣るポリエステルは、石油を使った化学繊維から作られているため、火花などで穴が開いてしまうことが多いです。そのため、火気を扱う作業をする場合は使用できません。

3.混紡(ポリエステル65%+綿35%など)

メリット:ケアしやすく、洗濯耐久性に優れており、ある程度着心地は良く、早めに乾きやすく、シワになりにくい

デメリット:ポリエステルを使っているぶん、火気にはやはり弱め綿とポリエステルの良いところを集め、それぞれの欠点を補った性質を持っています。ただし、火気を扱う作業をする場合は、やはり避けたほうが無難でしょう。

用途に合わせてファンを選ぼう

空調服は、セットという表記がない場合は、ファンとバッテリーは別売です。同じメーカーの空調服とファン・バッテリーで揃えるのが無難ですが、好きなメーカーの空調服とファンを別々に購入して取り付けを楽しむこともできます。

ただ、必ず装着できるとは限らず、破損した場合も自己責任となってしまいます。特に初めて購入を検討される場合は、同じメーカーの空調服とファン・バッテリーセットを揃えることオススメします。ファンには様々な種類がありますが、風量が多いほど電力がかかります。

バッテリーが切れやすかったり、バッテリーが重いという問題がでてきてしまいます。また、高回転で回るほど、通常のファンより寿命が縮みやすい傾向もあります。ファンの形状は、メーカーによって、フラット型やななめ型といったものを揃えているところもあります。

フラット型ファンは、衣服からファンが飛び出さないため、大きく体を動かす作業には最適です。ななめ型ファンは、ファンの位置を調整できるため、風の向きを変えられます。ファンとバッテリーの組み合わせも、用途に合わせて使いやすいものを選ぶようにしましょう。

ヘリンボン生地オススメの作業服!

ヘリンボン柄といえば、紳士服・婦人服どちらでも多く使用されていますよね。ジグザグな編目があることで、生地に深みが出てとてもオシャレに見えます。そのヘリンボンが使用された空調服のオススメの商品を2つのメーカーからご紹介します!

サンエス空調風神服

サンエスから発売されている空調服は、『空調 風神服』という名でブランド化されています。ヘリンボン柄はその中から2種類出ており、厚手と薄手で選べるのが嬉しいですね。交織のヘリンボンなので、スタンダードな生地より、カジュアル感が出ます。

もうすこし詳しく、それぞれの商品を見ていきましょう。【厚手長袖ブルゾン/ KU91600】サイズ:M・L・LL・XL・4L・5L色:ブルー・シルバー・キャメル生地:ヘリンボン(綿65%ポリエステル35%)

帯電防止素材使用【薄手ブルゾン/KU97100】サイズ:M・L・LL・XL・4L・5L色:ブルー・シルバー・グレー生地:ヘリンボン(綿60%ポリエステル40%)帯電防止素材使用保冷材用メッシュポケット付き

細かく見ていくと、胸ポケットの形や、薄手タイプには保冷材メッシュポケットが付いているといった違う点がありますね。

選ぶ際のひとつポイントとなるのが、厚手タイプは、生地がしっかりしているぶん、耐久性があり、ハードな作業でも安心感があるかもしれません。

バートルエアークラフト

オシャレな作業着、で名前が挙がるのがこちらのバートルというメーカーではないでしょうか。スタンダードな作業着と聞いてイメージするようなデザインではなく、空調服であってもシルエットは細身でスタイリッシュです。

濃い色を選ぶと、ヘリンボン柄が遠目にも鮮やかに見えます。もう少し詳しく確認してみましょう。【ブルゾン/AC1001】サイズ:SS・S・M・L・LL・XL・4L・5L色:シルバー・キャメル・ネイサン・インディゴ

生地:ヘリンボン(綿75%ポリエステル25%)制電ケア設計SS・Sサイズとサイズ展開が豊富で、こちらはユニセックス対応です。女性であっても、オシャレに着こなせるのが嬉しいですね。

まとめ

いかがでしょうか?機能に特化しているのが空調服、というイメージがあっても、ヘリンボンのような生地を選ぶと、オシャレにスタイリッシュに着こなすことができそうです。ただでさえ、暑くてうんざりしてしまう夏を、オシャレな空調服で気分を変えて、楽しく作業に励みましょう!